和凧。高いです……
★郷土玩具★をクチコミ順に並べてみる。



石川県

八幡起上り(金沢)紙製
加賀八幡の祭神、応仁天皇の産着姿になぞらえた優美なはりこ姫だるま。
子どもの誕生祝、病気見舞の贈物などに用いられてきた。
なお、金沢はりこには、ほかにトラ、面などがある。

米食いネズミ(金沢)木製
この地方特産の桐細工の残材でつくったもの。
竹バネ
の応用で、ネズミが米を食べる動作をする。
廃絶していたが、昭和三十五年の年賀切手図案に採用されて以来復活した。

加賀シシ頭(金沢)木製
むかし、前田藩が武芸奨励の意味でさかんにしたシシ舞のシシ頭にまねたもの。
一本角でロに太刀をくわえた白木彫が特色。
男の子の誕生祝いの贈物にもされ、加賀百万石の城下町にふさわしい作品。


posted by 郷土玩具 at 04:00 | 中部地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎県

ウズラ車(広瀬、国富)木製
広瀬町久峯観音の門前で売られるものと、国富町法華岳薬師の縁巨(一月八日)に売りだされる二種がある。
いずれもタラの丸本を三角形に切って素朴な描彩をほどこしたもの。
ただ足がわりの車のつけ方に相違があり、法華岳ウズラが胴体の下部に焼火バシで穴をあけて通し、全体が荒けずりな感じなのに対し、久峯ウズラは切りこみをつくって車をつけ、前者より女性的である。

昇り猿(延岡)紙製
五月節句に戸外に立てる。
烏帽子をかぶったサルが、風でノボリがふくらむたび、サオを上下する。
旧延岡藩主が戦場で用いた馬印に由来するという。

神代コマ(佐土原)竹製
神代のころの道具と伝えられ、武士の家庭で男の子のおもちゃとして愛好されてきた。
九州に多い竹製の鳴りゴマの一つで、竹の胴の黒と、上下のフタの赤がみごとな階調をみせている。
ブングルマともよばれている。

佐土原の土人形(佐土原)土製
伏見人形の流れをくむ東九州唯一の土人形。
徳川中期からつくられ、マンジュウ喰い、鯛持ち、扇持ちなど約三十種。
土の香の残る佳品だが、現在の製作は一軒だけ。

青島雛(宮崎)紙・土製
縁結びの神として信仰される青島神社の紙雛。
格子縞模様の赤い衣裳をつけた土首の人形で、古くから夫婦和合、安産の祈願に奉納される。
posted by 郷土玩具 at 13:00 | 九州地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。